生活習慣病が原因で起こるED

生活習慣病が原因で起こるED

日本には約4割の方がEDに悩まされていると言われます。
EDの原因は
生活習慣、ストレス、飲酒、喫煙、運動不足、睡眠不足が原因と言われています。
EDになる一番の原因と言われるのは
生活習慣になります。

精力剤などで一時的に治療はできても
生活習慣を改善していかない事には
根本的なEDの解消には繋がりません。

生活習慣から起こるEDの症状は
硬さが失われやすいと言います。
その原因は
生活習慣病。つまり血圧、コレステロール、血糖値など関係しています。
血圧もコレステロールも血糖値も高い方は勃起時の硬さが不足気味な傾向にあります。
勃起という現象は
陰茎の海綿体が拡がり、そこに血液が流れ込む事により
ペニスが硬く、大きくなる現象が起こります。
所が、血圧、コレステロール、血糖値が高い方は
血行が悪く、血管が詰まっていたりする事もあるので
陰茎の海綿体まで十分に血液を送り込む事ができずに
十分に勃起出来ない事が起こります。

これは逆に考えると
EDになってきたなと思ったら
もしかしたら動脈硬化が進んでいて
脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まってきている可能性もある訳です。

ですのでEDが恥ずかしいと思って一人で悩まないで
まずは医師の診断を受けるようにしましょう。

毎日の生活で起こりうる心因性ED

EDのアナタへ

新着情報紹介

他ED情報

リンクサイト

サイト管理人